top of page

自分が高齢者になるとどれくらいのお金で生活できるのか

更新日:4月22日


明確に正解があるとは言えないしどのくらいと数字を出すこともできないが若い時程お金がかからないのは確かだ。



教育費用や住居費用は勿論掛かります。

例えば独立した生活を始めるためには、家賃や住宅ローン、家具や家電製品の購入などが必要です。

若い時期には健康保険に加入する必要があります。また、健康に関する費用や保険料もかかるので健康保険費用もかかりますよね。

自己成長や娯楽費用にもお金を使いたい。そこでストレス発散をする。


これらの要因から、若い時期はお金がかかる傾向がありますが、十分な計画と賢い支出管理をすることで、将来の財政的安定につながることができます。





老後にお金がかからないとは言い切れませんが、いくつかの要因によって費用を抑えることができます。



  1. 健康管理: 健康な生活習慣を維持し、定期的な健康診断や予防医療を受けることで、医療費を抑えることができます。

  2. 生活費の見直し: 老後には生活スタイルを見直し、無駄な支出を減らすことが重要です。例えば、住居を小さくしたり、余分な物を処分したりすることで、生活費を抑えることができます。

  3. 資産の運用: 若い時期から積立投資や資産運用を行い、老後の資金を準備しておくことが重要です。資産運用によって、将来の収入源を確保し、老後の生活費をカバーすることができます。

  4. 政府の支援制度の活用: 政府の年金制度や福祉制度などを活用することで、老後の生活費を一部カバーすることができます。

  5. 子育てからの解放:子供は親の手を離れ教育費用は掛からなくなる。



以上のような方法を取り入れることで、老後の費用を抑えることができますが、万が一の備えとして、老後資金を準備しておくことが重要です。




若いうちから考える

今はまだ若いから想像つかないかもしれませんが

老後のビジョンを組み立て自分がどれくらいの生活をしたいかを明確に想像する事で年金のかけ方や保険の選択の方法、貯蓄の目処を立てて今の生活をしていく事はのちに自分自身の為にもなると言えます。




年齢の増加に伴い自分自身にかかるお金も減ってくるとも言えます。

孫や息子に残しておくのももちろん大事な事ですが自分が一生懸命働いたお金を自分自身に使ってもいいのでは無いでしょうか。

趣味嗜好や旅行。

ずっと元気でいるためのリハビリや美味しいものを食べるのも良し。

「いたましい」

お年寄りがよく口にする言葉です。

いたましくなんか無いと思います。

こんなに頑張ってきたんだから少し贅沢をしても誰も文句言いません。

むしろもっと好きな事をして残りの人生を楽しんでほしいと私は思います。



最後まで読んで頂きありがとうございます!!!


今後も随時、施設内の情報等をこちらのホームページやブログで公開していきますので、

ご興味のある方がいらっしゃいましたら、ご連絡お待ちしております。




Fit✕Upでは道南(渡島・檜山)地方・札幌(一部の地域)・旭川市で、


●自費型訪問リハビリサービス

(詳しくはこちらのブログもどうぞ)


●訪問スマホ指導(詳しくはこちら) を提供する会社です。


インスタグラムでは最新情報を随時更新中です!是非フォローよろしくお願いします。



また個人でのご依頼のみならず、グループでのご依頼、


ケアマネージャー・リハビリ・介護職の方々からのご依頼も随時受け付けております。


お気軽にご相談ください。




主に下記の地域で、サービスをご提供しております。


・道南

<渡島北部>

八雲町八雲・長万部町


<渡島東部>

函館市・北斗市・七飯町・鹿部町・森町


<渡島西部>

木古内町・知内町・福島町・松前町


<檜山北部>

せたな町・今金町・八雲町熊石


<檜山南部>

乙部町・厚沢部町・江差町・上ノ国町


・札幌(江別市・厚別区)

・旭川市



・旭川市



最新記事

すべて表示

Comments


bottom of page