歩くスピード落ちてきていません??



加齢と共に「最近、歩くスピード落ちてきたな。」


と思うことありませんか。


そう感じてきたら、脚の筋肉が弱っているサインです。



60代以降、脚の力は急激に落ちる!?

皆さん、


歩行って何歳くらいから衰えてくるか、知ってました??


正解は60代です。


もう少し詳しく説明すると、


皆さん誰しも加齢に伴い、筋力は低下していきます。


先ほども言ったように、60代で低下が始まるというわけではなく、


正しくは「60代から低下が著しくなる。」という事です。


特に高齢者の場合は、脚の筋力が低下してきます。


もともと筋力がない人はさらに危険!?

もともと筋力ある人は今までの貯金がある分、


筋力低下が緩やかですが、


今まで運動する習慣がなく、筋力がついていない人は


筋力低下が顕著で、歩くスピードがより遅くなってしまいます。



ここまで当てはまった方、バランス能力(反射神経)はどうでしょう??


これもないとなると結構危険です。


もちろん歩くスピードが落ちてしまうのに加えて、


つまずいてしまった時や、転びそうになった時など


すぐに脚で支えることができなくなってしまいます。


そうなるとより転倒し易い脚になってしまうのです。



しっかり歩くためには太ももを鍛えよ!

ある研究によると、


「普通に歩くスピードは、バランスや脚の反応速度よりも


膝伸展筋力(太ももの筋力)の方が関係がある。」


という研究結果も出ています。


いわゆる、


バランス能力を鍛えるより、太ももを鍛えた方が


歩行に関して、効率が良いということです。


日頃から運動不足に悩んでいる方は、


少しこのようなことを意識しながら、運動してみてはいかがでしょうか。



参考:(1)田井中・青木ら「高齢女性の歩行速度の低下と体力」,体力科学,

   2002;51:245-252



Fit✕Upは歩行(歩き方)を徹底的にサポート


ここまで色々と説明してきましたが、


とは言ってもなかなか一人ではできないのが


我々人間です。笑



そこで!




Fit✕Upが提供する自費型訪問リハビリでは、


「シセイカルテ」という人工知能(AI)を用いた


歩行分析システムにより、


姿勢や体の歪みを見える化し、


あなたの歩行を徹底的に評価致します。





それに加え、国家資格者(理学療法士)が


医学的な知見や経験を元に


丁寧に評価させて頂くことで、


より意味のある


歩行分析・指導が可能となります。





以上のようなことを踏まえ、Fit✕Upでは


お客様の現在の姿勢や歩行がどのようになっているのか、


現在の歩行を継続してしまうと


今後、お身体にどういった悪影響があるのか


わかりやすく説明致します。










Fit✕Upでは道南(渡島・檜山)地方・札幌一部の地域で、


自費型訪問リハビリサービス

(詳しくはこちらのブログもどうぞ)


●姿勢相談室(月2回開催・ご予約はこちら)


●訪問スマホ指導(ホームページはこちら)


のサービスを提供する会社です。


また個人でのご依頼のみならず、グループでのご依頼、


ケアマネージャー・リハビリ・介護職の方々からのご依頼も随時受け付けております。


お気軽にご相談ください。




主に下記の地域で、サービスをご提供しております。


・道南

<渡島北部>

八雲町八雲・長万部町


<渡島東部>

函館市・北斗市・七飯町・鹿部町・森町


<渡島西部>

木古内町・知内町・福島町・松前町


<檜山北部>

せたな町・今金町・八雲町熊石


<檜山南部>

乙部町・厚沢部町・江差町・上ノ国町


・札幌(一部の地域)


閲覧数:16回0件のコメント