『歳をとってから転んだ事ある人!!』姿勢悪くなってますよ!?



皆さん、思い出してみてください。


歳を取ってから『転んだ事』ありますか??


実は転んだ経験が多い人ほど、姿勢が悪くなっていくんです!


今日はそんなお話です。



『悪い姿勢』のイメージ

皆さん『悪い姿勢』とはどんな姿勢を思い出すでしょうか?


このブログでも何度も取り上げています。


右図のような背中が丸まっているような


姿勢なのではないでしょうか?


この姿勢が身体にどんな悪影響があるのかは


こちらの記事もご覧ください。



転べば転ぶほど、この姿勢に近づいていきます。



なぜ転ぶと悪い姿勢になってしまうのか。

こんな研究結果が出ています。


高齢者の背中の曲がり具合は、筋力のあるなしより


転んだ経験があるか無いかが強く影響する。


(これはあくまで1つの研究成果ですので、

一つの結果として聞いていただければと思います。)


今まで姿勢が悪いと言えば、


加齢に伴う、筋力・バランスの低下が主な原因というのがほとんどだと思いません?


実際にはそれも関係あるのですが、


それに加えて、姿勢の悪さは転倒した経験も関係があるというんです!


1度転倒した経験があると、


それに対する恐怖心等により、


身体は低く体勢を保ちかかんだような姿勢になってしまします。


このようないわゆる円背姿勢は、


脚に偏った負担をかけ、つまずいた時の


脚の支えも遅らせてしまいます。


参考:(1)寺本・鈴木ら「脊柱後弯が呼吸機能の加齢変化に及ぼす影響」,日老医誌,

   1998;35:23-27



転ばないための工夫をしましょう!

転ばないためにはどうしたら良いのか??


大事なことは3つです。


●継続的なケア

●継続的な運動(少し疲れるくらい)

●(高齢者の方)杖等の福祉用具を使う


中でも特に上2つは分かっていても、なかなかできないんですよね。


姿勢でお悩みの方、皆さん1度はテレビで見たり


言われたりした事があるのではないでしょうか。



じゃあちゃんとやっていくためにはどうしたら??



皆さん気になるところだと思います。


1番手っ取り早い方法は、、、



いっそ他人(専門家)に任せる事です。



何だよ!!そんな事かよ!!


と思った方もいるかも知れません。。。笑



姿勢を正すのに素人には限界がある

「いっそのこと全て専門家に任せた方がいい。」


と言いましたが、これあながち間違いではなくて


人間、一人で継続的に出来るほど強くないんですよ、、、笑


一人で、しかも姿勢に関してあまり知識がない素人の方が頑張っても


一体自分のどんな姿勢が悪くて、どんなケアが必要なのか。


全く分からないはずです。


これもまた、継続できない原因の一つかも知れません。



逐一、専門家のアドバイスをもらうこと












これはものすごく重要です。


これがあることで、


自分が今どれくらい姿勢が悪くて、どの程度まで良くする必要があるのか


専門家の経験を交えて、的確に知る事ができます。


なので、


初心者のトレーニングで良くある


「今までやっていたことは、あまり意味がなかった。」


なんて悲しいことも、防ぐ事ができます。








Fit✕Upでは道南(渡島・檜山)地方・札幌一部の地域で、


自費型訪問リハビリサービス

(詳しくはこちらのブログもどうぞ)


●姿勢相談室(月2回開催・ご予約はこちら)


●訪問スマホ指導(ホームページはこちら)


のサービスを提供する会社です。


また個人でのご依頼のみならず、グループでのご依頼、


ケアマネージャー・リハビリ・介護職の方々からのご依頼も随時受け付けております。


お気軽にご相談ください。




主に下記の地域で、サービスをご提供しております。


・道南

<渡島北部>

八雲町八雲・長万部町


<渡島東部>

函館市・北斗市・七飯町・鹿部町・森町


<渡島西部>

木古内町・知内町・福島町・松前町


<檜山北部>

せたな町・今金町・八雲町熊石


<檜山南部>

乙部町・厚沢部町・江差町・上ノ国町


・札幌(一部の地域)



閲覧数:10回0件のコメント